読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丸順不動産に連絡したら、ブログやってる事がバレてました

こんにちは

こちらは空き家予定の実家を利活用出来ないか、悩める日々を記録するブログです。

 

先日、母親から教えて貰った丸順不動産に実家の有効活用について相談をしようと、アポイントを取るべく電話をしました。

 

個人的には日曜日に行きたかったのですが、生憎日曜日は定休日とのことで今週末に会うことは叶いませんでした。

 

最近は売却の相談やら何やらで色々な不動産会社さんに連絡したり、実際に訪れたりしますが大手のというか全国展開してる会社さんほど土日構わず営業されてますよね。

「ちょっとは休めよ」とか思いますが。 

銀行さんとかはキッチリ土日休みですよね。

 

話が逸れちゃいました。

さて、アポイントは取れなかったものの、なんと!丸順不動産の方にこのブログがバレてる事が電話で発覚。

これは迂闊な事がかk(自主規制

 

どうやら、母親からの連絡が来てホームページを覗いたとき、興奮してSNSサイトに足跡を残したところ、私が拡散目的でシェアしていた記事からこのブログがバレてしまった模様。

 

つまり、この記事も監視下にあるわけですね。いえーい見てr(自主規制

 

やーしかし、「ブログされてますよね?」って初対面の人に言われるの微妙に恥ずかしいですねー!

 

あと、電話はまだ良いですがメールでのやり取りは余計に恥ずかしい!なぜなら、書いてる文体が(当たり前ですが)全く違うからである。

 

一応私もメールで連絡する際は、ビジネス用?と言いますか、真面目さんモードで文章書きますが、このブログのこの惨状を知られてるわけですからね。

 

「なーにが「貴社の取り組みが・・・」だよ(´⊙ω⊙`)←こんな顔文字使って悪口垂れてるクセに」とか自分が逆の立場なら思いますからね。

 

旅の恥はかき捨てとも言いますからね。ついでにアポイントを取る際にブログに今後のやり取りを記事にする許可を正式に取っちゃいました。

すると向こうの担当の方から一言「記事にされるのは良いですが、伏字でディスられると悲しくなるので、ご縁がなかった場合は記事をフェードアウトさせていってくださいね^^;」と釘を刺されてしまいました。

信頼と実績のブログ内容ですからね。仕方ないですね。むしろ、よく許可おりたよなと思いました。

や、実名出してる時点でめちゃくちゃ書く気はさらさらないですけどね!

 

問題は

これ旅じゃないので恥は捨てられないどころか、今後も付き合いが深くなるところでしょうか??

 

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

土地売却を依頼する不動産会社は、どうやって決めたらいいですか?

こんにちは

こちらは空き家になる予定の実家を、無慈悲に売り飛ばすまでの活動を記録しているブログです。

 

さーてさてさて、中々筆が進まず後回しにしておりましたが、簡易査定を依頼した不動産会社の査定結果とどうやって売却を依頼する会社を決定したらいいの?というお話です。

 

実際の社名を出したいところではあるのですが、名誉棄損で訴えられかねないので仮称で書くことをお許しください(何となく察せるように書いています)。

 

悪口が多くなりかねない会社ほど、連想しにくい名前にしてます。

 

続きを読む

運命の出会いって信じますか??

こんにちは

こちらは空き家になる予定の実家を有効活用出来ないか、心を悩ませる日々を記録するブログです。

 

最近は売却関係の記事をたくさんあげておりましたが、(この記事の後にも、もう一つ予約投稿した記事が上がる予定です)今回は手元に残す方(残るのかな??)の活用方法についての記事です。

 

 

それは母親からの連絡がきっかけでした。「丸順不動産っていう古民家再生を手掛けてるとこがあるらしいから調べてみ」

 

あまり期待せずにインターネットで調べてみたのですが。。。

 

ところがどっこい、めちゃくちゃ面白そうな会社やないですか!!

 

実家のあるエリアに絞って経営されてる不動産会社さんで、簡単に書くと不動産の売買や有効活用のコンサルタントを通して、エリアの価値向上に取り組んでおられる会社です。

 

今まで手掛けられた物件の写真とかみてても「あ、あそこの通りの写真やわ」とか、「あの洒落てる店はここが手掛けてたんや!」とか「最近なくなったTSUT〇YA跡の土地もここが関わってるんや!!次何になるんやろ?」などなど、思わずこんな時間に記事を書いちゃう程度に興奮してしまいました。

 

ここなら面白い事が出来そうかもしれない!って私の中のリトル本田が言っています。

 

一度お店を訪れてみたいと思います。

行くとしたら、28日のヴィッセル戦との抱き合わせですかねえ??

 

今のままだと気持ちだけが先行してロクなことにならなさそうなので、実家を利活用するなら何を望むのか冷静に突き詰めながらうあわなkあああああ。文章にまとまりません。

 

そんな感じです。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

 

前述の通り、次回は土地の売却についての記事です。

 

売りたくても売れない時はどうしたら良いのだろうか

こんにちは

こちらは空き家になる予定の実家を(以下略)

 

さて、私は実家が空き家になるかもしれないとなった時「売る」か「人に貸す」かという2択で考えてました。

 

でも、これができるのは大阪市内でかつ立地条件もある程度悪くないから取れる選択なんですよね。

 

道路に面してなかったり、所在地が人気どころか人気(ひとけ)のない場所だったら、人に貸すなんて選択肢に挙がらないでしょう。

そもそも売却すらも一苦労だったかもしれないですね。

 

そう考えると「不動産屋のチラシうぜーな」とか「営業の電話はうぜーな」とか「貸すか売るかどっちが良いかな?」なんていうのは贅沢な悩みですね。

 

贅沢します。

地元について語るときに〇〇が語ること

近くに幼稚園もあるし、該当する学区の小学校も悪い噂は聞かない。

御堂筋線環状線も近く、出かけるのにアクセスが良いし、なにより最近近くにスーパーが出来たのが嬉しいわね。と語るのがお子さんを持つ主婦。

 

この辺りは近隣商業地域に当たり、準防火地域に指定されています。近隣は昔ながらの住居が多く、縦長の家が密接しているのが特徴。地価の上昇は天井を迎えてますし、売られるなら今ですよ。と語るのが不動産会社。

 

一見すると再開発が進んで綺麗になったように見えるけど、新今宮は昼間から立飲みしてるおっさんはおるし、新世界は串カツ屋だらけやし、料亭犇くはダークサイド大阪。

でも、一番好きなのは大型ショッピングモールや、日本一高い近鉄百貨店(通称あべのハルカス)のど真ん中を今も路面電車が走ってる風景ですかね?と語るのが僕。

家の売却について語るときに僕が語ること

こんにちは

こちらは空き家になる予定の実家を有効活用出来ないか、思い悩む日々を記録しているブログです。

 

売却が既定路線となった中での課題は次の通り。

 

1.いつ売るの?

2.いくらで売るの?

3.(仲介業者は)どこに依頼するの?

 

1番のいつ売るかについて。

金銭的にも居住的にも困ってはいないので、売り急がないといけない理由はない。ただし、3000万控除のことを考えると1つのリミットは2年後までといった所。

 

2番のいくらで売るかについて。

出来るだけ高く…が理想ではありますが、これはいくらで売れるのか(相場)。相場は簡易査定もしてもらってますし、路線価なんかからもオーダーは把握できてますが、売却時の諸経費がいくらかかるのか把握して価格の当たりをつける必要がありますねー。

 

そして、問題は3番。

諸々の手続きをどの業者さんに依頼するのか。また、媒介契約は一般にするのか専任にするのか。どちらが良いも悪いも判断材料が無いんですよね。

不動産会社に聞けば、競争相手が出ない専任って答えるでしょうけど。

 

そもそも、いくらで売れるかっていうのはどんな層の人に売るかによって変わりますよね。

一般的には築年数の分からないくらい古い家は倒して建て替える人が多いはず。ですがリノベーションを考えている人なら倒す費用はかからない。

であれば同じ予算で物件を探してる人でも土地の購入にかけられる費用の配分が変わってきますよね。

 

そんな独り言でした。

 

「楽待」を「楽侍」と空目してしばらく利用していた馬鹿侍は切腹するしかないでござる

こんにちは

こちらは空き家になる予定の実家を(以下略)

今回は不動産の売買をされる方ならだれもが知っている(らしい)情報サイト、「楽待(らくまち)」のレビューです。

 

www.rakumachi.jp

 

続きを読む